探偵のDX化

探偵の日々, 未分類

一人で悩まずまずはご相談ください

総合探偵社シークレットジャパンエールは、あなたのお悩みに全力でサポートしていきます。

偵が使う「七つ道具」というものが昔はあった。

まさに昭和期時代の名残。探偵というと、ものすごく大きなカメラで対象者を撮影しているイメージがあるが、いままで私を含めそんな人を見かけたことがない。探偵といえば、もちろん証拠写真は必須要件なので、カメラは必需品である。しかし、街中で堂々と一眼レフで対象者をとるのは勇気が要るもの。本当の探偵は、尾行や張り込み、証拠写真の撮影など、完全に街中に溶け込んでおこなっているのだ。探偵料金も比較的安価になっている昨今、探偵会社を利用しやすくなた。よって、知らないうちにあなたも探偵にマークされているかも知れないのだ。弊社の調査員のなかにも、必ず持参するものがある。それが探偵の必需品になってくるのだろう。
当然現場に出ている限り、道具は必要だ。しかしもはやそんなものは不要になりつつあると思う。必携のものという概念が薄れつつある。その代わりに探偵社として、調査力向上に欠かせないのが、調査手法のDX化である。
DXとは(Wiki)
デジタルトランスフォーメーション(英: Digital transformation, DX[1])とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という仮説である。

まさに探偵業界のDX化が、調査を効率よく、確実なアプローチに繋がっていく。

ある意味、探偵のおもな業務は、「尾行」「張り込み」になるので、こういったDXの概念に真逆の立場にいるかもしれない。当然、依頼者の事案には、人間関係のトラブルが最も多く、それらの解決には、超アナログな手法に頼らざるを得ないのは事実。しかし弊社においてもそうだが、1件の調査にかける人員は限られてくる。警察の調査のように、何百人体制で捜索など、民間の探偵社が手着るはずがない。それを補うのが、まさにこういった探偵業界のDX化といえよう。詳細な手法は記述は出来ないのだが、いかに調査の中に、デジタルトランスフォーメーション化をはかるかが、今後の探偵社の分岐点になると思われる。

依頼者も探偵社の調査手法を聞くときに、単純に張り込み、尾行だけかを確認された方が良いかもしれない。調査の手法は、秘匿事項になっているので、教えてはくれないかと思うが、事案解決のためのアプローチがいくつも提案してくる会社は、依頼の早期解決を目指し、本気で考えてくれている証左に繋がってくると思う。
なかには調査機材を使うだけで、高額なもののもあるだろう。
例えば、病院の先進医療機器の同じように、探偵社によっては、その機器導入だけでも結構な高額になるのだ。
なので、ご依頼者様もそこはご理解頂きたい。
探偵を使うとなぜこんなに高いのかと思われる方はたくさんおられる。
高額な調査料金を取るところは、ほとんどが大手の調査会社。それは、ネット広告をはじめ、異常なまでに広告費をかけ、その高額な広告費は、ご依頼者様に還元されていくのだ。
あとは、高額な理由は、先の理由の通り、先進医療機器を入れている探偵社かどうか。
機器使用に当たっては高額になるとは思うが、ある意味人件費をかけて、調査が順調にすすまないより、先進の調査手法を使えば、逆に短期間で終わる場合もあるのだ。

総合探偵社シークレットジャパンエールも、調査のDXを図っている。

よりご依頼者様のご満足のいくように、調査機材の工夫、調査アプローチを考えている。
ご依頼者様によって大きくかわる調査。どれ一つとして同じものはない。
だからこそ、1件1件丁寧に、確実に調査を進めていく。
是非一度、総合探偵社シークレットジャパンエールの提案力や調査力をご実感ください。
きっとあなたのご満足のいく調査をご提供できると思います。

関連記事一覧